読書感想文の書き方やおすすめの本を紹介しています。


スポンサードリンク

それから

夏目漱石 それから

それから
それから


あらすじ

長井大助は、大学卒業後、就職も結婚もせず、父親と兄からの仕送りで気ままに暮らしていた。大助は金銭のために働くことを「劣等な経験」だと馬鹿にし、自分が愛する美しいものだけに囲まれて暮らしている高等遊民である。


平岡は、大助の中学時代からの友人で、以前は兄弟のような仲だった。


平岡は大学卒業後銀行に就職し、三年前に結婚すると同時に関西に転勤してた。その後も手紙のやり取りはあったが、最近はそれも途絶えがちになっていた。


その平岡が仕事に失敗し、別の職に就くために東京に戻ってきたのである。


平岡の妻、三千代は大助と平岡の共通の友達の妹で、大助は学生時代に三千代に恋心をいだいていた。


三千代と平岡の結婚については、平岡が三千代と結婚したい旨を大助に打ち明け、大助が自分の恋心を封じ込めてふたりの仲をとりもったという経緯があった。


平岡が東京に帰ってくると、大助は三千代と再会した。


三千代は産後間もなく子供を亡くしたうえ、心臓を患い、平岡との仲も冷えきっていた。生活にも困っているようなので、大助は経済的援助をするようになる。そうやって、何度も三千代と会ううちに、大助の彼女への恋心が再燃するようになる。


一方で、大助には縁談が持ち上がっていた。相手は資産家の娘で、これまで縁談を適当にあしらってきた大助に、今回は父親は強くこの縁談をすすめるのだった。


三千代への思いを抱いたまま結婚することはできないと考えた大助は、三千代へ自分の思いを告白する。三千代はそれを受け止めた。お互いの気持ちが確認できたので、大助は平岡に三千代を自分に譲ってくれるように頼んだ。


平岡は了解したが、大助を許したわけではなかった。大助と絶交するとともに、今回のことの経緯をすべて書いた手紙を大助の父親に送ったのだ。もちろん大助の父親は激怒し、大助を勘当した。これは大助がいままで当てにしていた仕送りを受け取ることがなくなったことを意味していた。


父親と兄からの仕送りが亡くなったからには、大助は働かなければならない。仕事を求め、炎天下に飛び出した大助は、世の中が真っ赤に燃えているように感じるのだった。

三四郎 あらすじ

三四郎 夏目漱石著

三四郎 (岩波文庫)
三四郎 (岩波文庫)


あらすじ

熊本の高等学校を卒業した小川三四郎は、東京帝国大学に入学するため、汽車で東京へ向かっていた。


その途中、三四郎は見知らぬ女性と同宿することになったり、「日本は亡びるね」と言うヒゲの男性に会ったりして、大変面食らってしまう。


やがて東京での新しい生活が始まり、同郷の先輩である野々宮を訪ねる。その帰り、大学構内の池のほとりで、うちわをかざした印象的な女性を見かける。


9月になり、大学の授業が始まるが、三四郎は授業に興味を持てない。そんなとき、三四郎は佐々木与次郎という学生と知り合い、「広田先生」という人を紹介される。会ってみると、「広田先生」こそが、汽車の中で会った「ヒゲの男性」であった。野々宮は広田先生の元弟子でもあった。


ある日、三四郎は入院中の野々宮の妹よし子の見舞いにいく。するとまた、池のほとりで見た女性と出くわし、三四郎の心はそわそわする。


その後、広田先生の引っ越しの手伝いにいくと、また池のほとりの女性に会う。彼女の名前は里見美禰子であると知る。彼女の話し方は独特で、まだ東京になれていない三四郎にはなかなか理解しにくいところもあった。


大学にほど近い団子坂の菊人形がにぎわう頃、三四郎は美禰子、野々村、広田らと見物に出かけるが、三四郎と美禰子は野々宮たちとはぐれてしまう。三四郎はこのとき初めて彼女と打ち解けた話ができ、彼女へのほのかな思いを自覚する。


三四郎は「先生たちは、僕らをずいぶん探しているのではないか」と気にするが、美禰子は「大丈夫、大きな迷子ですもの」「迷える子、わかって?」と言う。三四郎はその真意をはかりかねて黙り込んでしまう。


その後、三四郎は美禰子から、2匹の羊の描かれた絵はがきをもらったり、原口という画家のモデルをする美禰子に会いに行ったりする。三四郎と美禰子の関係は深まるかに思えたが、三四郎は美禰子の態度に解けない謎があるようにも思えた。


やがて冬がくる。風邪を引いていた三四郎のところに与次郎が見舞いに来、「美禰子さんが嫁に行く」という話を聞く。結婚相手は兄の友人であった。


原口の絵が出来上がり、三四郎は仲間たちと展覧会に出かける。「絵はどうだ?」と尋ねる与次郎に三四郎は、「森の女という題がよくない」と答える。「じゃあ、何とすればいいんだ」という問いには答えず、三四郎は口の中でストレイシープ、ストレイシープと繰り返すだけだった。


***************************************
テーマは特に重くはありません。

ですが、文豪夏目漱石の作品ですから、決して軽くて読みやすいだけの作品ではありません。

三四郎は夏目漱石の前期三部作の最初の作品です。

三部作は「三四郎」「それから」「門」と続きますので、時間のある方はあわせて読むとよいかもしれません。

ちなみに「ヒゲの男」が三四郎に「するとこれから大学に入るのですね」と尋ねる場面があります。その問いに対して三四郎は「ええ」と答えます。つまり、この当時東京の「大学」というのはイコール東京帝国大学だったことがわかります。


また、夏帽をかぶっている三四郎を見ただけて「君は高等学校の生徒ですか」とも質問されます。


それくらい、高等学校の生徒であること(三四郎は卒業していますが)や大学というものが特別な意味を持っていた時代であることを念頭において読むのがポイントです。


「高等学校から大学に入学する」くらいですから、三四郎は熊本ではかなり優秀だったはずです。その三四郎が、熊本を出て東京に足を踏み入れたとき、いったいどんな気持ちになったかもよく読み取って下さい。


ちなみに、夏帽をかぶっているのは夏だからです。(当たり前です)


入学するのに東京に上京する三四郎は夏帽をかぶっているのです。


本文中に「学年は9月11日に始まった」とあるように、当時の大学の新学期は9月から始まりました。西洋と同じですね。


そのあたりも、いろいろと注意しながら読んでみて下さい。

こころ あらすじ

夏目漱石のこころのあらすじです。

こころ (新潮文庫)
こころ (新潮文庫)


夏目漱石のこころという作品を知らない方はほとんどいないと思います。


読んだことがなくとも、書名だけは聞いたことがあるという方も多いでしょう。


教科書に取り上げられる定番のテキストです。


ただ、危険なのは、教科書に掲載される場合、抜粋の場合が多いということです。


前文を掲載している教科書はほぼないでしょう。


それくらいボリュームのある本ではあるのですが(文庫で330ページくらい)、この作品で読書感想文を書いて文句をつける教師はいないはずです。


それくらい、日本の文学史に確固たる地位を築いている作品です。


「こころ」は、大きく分けて3部構成になっています。


第1部は「先生と私」
第2部は「私と両親」
第3部は「先生と遺書」


という構成です。


一人称はすべて「私」という言葉で語られるのですが、第1部と第2部の「私」というのは先生から遺書を受け取ることになる「私」です。


第3部で用いられる「私」は先生が遺書の中で自分のことを示す語として使われています。


*************************************
あらすじ


私が先生と初めて会ったのは、鎌倉の海岸だった。先生にひかれた私は、東京へ帰ってからも、頻繁に先生の家をたずねるようになる。


先生は、特に仕事をするわけでもなく、人付き合いもほとんどない。美しい奥さんと二人暮らしだ。ただ、毎月決まった日に雑司ヶ谷の墓地に墓参りに行く。だれの墓かたずねてみるが、「友人の墓」ということしか教えてくれない。


先生のちょうど留守のときに訪ねていってしまった私は、奥さんから「書生の頃はこんな性格ではなかった」という話を聞く。それが次第に人付き合いもなく、今のような性格になってしまったのだが、その理由は奥さんにも分からない。奥さんは、先生のその変化が自分のせいではないかと悩んでいる。私が先生が変わったことになにか思い当たりはないかと聞いてみると、大学生のときに仲の良かった友人が亡くなったことくらいだという。私は先生の過去に興味を持つが、先生は「時期が来たら残らず話す」というだけだった。


大学を卒業した私は一度帰郷することにする。帰郷する私に向かって、先生は「君のうちに財産があるのなら、今のうち能く始末をつけてもらっておかないと不可いと思うがね、余計なお世話だけれども。君の御父さんが達者なうちに、貰うものはちゃんと貰って置くようにしたらどうですか。万一の事があったあとで、一番面倒の起きるのは財産の問題だから」と、念を押す。


帰郷すると、病床にある父は比較的元気だったが、明治天皇崩御の知らせを聞いて再び病状を悪化させてしまった。やがて、そのまま危篤状態になり、親戚縁者が呼び寄せられることになる。そんな最中に、先生から分厚い手紙が私のところに届く。そこには自殺をほのめかす一文があり、私は急いで列車に乗り、車中で手紙を読んだ。


手紙は先生の遺書だった。そこには先生の過去が明かされていた。


20歳前に両親を亡くした私(これ以降の「私」は先生のことである)は、信頼する親族に裏切られて人間不信になった。その後上京して住むところを探していた私はある下宿に落ち着くことになる。そこは軍人の未亡人の家で、お嬢さんが一人いた。いつの間にか私はお嬢さんに「神聖な愛」を抱くようになった。


その頃、同郷であり親友のKも下宿に住むことになる。Kは親から勘当されて困っていた。しかし、次第にお嬢さんと打ち解けていくようになる。私はKに嫉妬を感じるようになった。


あるとき、Kからお嬢さんに対する恋心を打ち明けられた私は、Kの恋愛をあきらめさせるために「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」と言い放つ。他方、自分は未亡人を見方にして、」お嬢さんとの結婚の約束をしてしまう。


それを知ったKは自殺した。私宛にも遺書は残されていたが、そこには恨み言一つ書かれていなかった。ただ「自分は薄志弱行で、とうてい行く先の望みはない」と書かれ、今までいろいろと世話になったということが、淡々と綴られていた。


その後、お嬢さんと結婚した私は、真相をお嬢さん(妻)に打ち明けられないまま、自責の念に苦しんで来た。そんな私は死んだつもりで生きていこうと決心した。


そして、明治天皇崩御の知らせを聞き、「明治の精神に殉死」すべく自殺を決意する。


手紙の最後は「私が死んだあとでも、妻が生きている以上は、あなたに限り打ち明けられた私の秘密として、凡てを腹の中にしまって置いて下さい」と結ばれていた。



*************************************
このようにあらすじを書いておいて言うのもなんなのですが、この作品は一冊通して読まないと意味が分かりません。

そのような点から、教科書の抜粋文だけを読んで「本作品を読んだ気になり」読書感想文を書くのは大変危険であることを付け加えておきます。

ただ、ドストエフスキーの罪と罰のような重さや暗さはありませんし、意外と読みやすい作品ですよ。

たぶん、一日で読めてしまう作品です。

漱石公園

漱石公園



powered by 地図Z





漱石公園とは漱石三房の跡地にある、区立の公園です。


夏目漱石(1867〜1916年)が晩年過ごしたのが漱石三房です。


この地で夏目漱石は「三四郎」「それから」「門」といった作品を著わしたと言われています。


漱石公園にはダンディーな漱石の銅像があり、その裏には猫塚と呼ばれる石塔が立っています。


しかし、残念ながら「我が輩は猫である」の猫の墓ではありません。


夏目家で飼っていた犬や猫、小鳥の供養塔と記した案内板があるのですが、読まない方がロマンが膨らむという方もいます。


新宿区の住宅地の一角にある漱石公園ですが、うっそうとした緑が影をつくり、その向こうでは夏目先生があなたを迎えてくれます。


夏目漱石の作品で読書感想文を書こうと計画している方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。


夏目先生がなにか着想のヒントをくれるかもしれません。

定番

読書感想文の定番として夏目漱石がいます。

「三四郎」「それから」「門」の三部作をはじめ、夏目漱石の作品には、広い世代にファンが多いようです。


よく小学生に「我が輩は猫である」をすすめる教師がいますが、ちょっと難しいのではないかな、と思ったりしています。この作品には、江戸前のユーモアが含まれていますし、文明や人間の生活を皮肉っているので、小学生には難解な気がします。


猫が主人公ということで、子供向けのように思われていますが、大人でも理解が難しい部分があるような気がします。

読書感想文の書き方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。