読書感想文の書き方やおすすめの本を紹介しています。


スポンサードリンク

鼻 芥川龍之介

 鼻の冒頭はこう始まっている。「禅智内供の鼻といえば、池の尾で知らぬものはない」。それくらい有名な僧侶だったわけだ。しかしながら、内供というのがいったい僧侶の中でどのような役職なのか分からなかったので調べてみると、宮中の内道場に奉仕して帝の健康などを祈る読経などをするのがその役目だそうなので、僧侶としてはまずまず高位の人間のようだ。しかし彼には悩みがある。鼻が長いのだ。長さが五六寸あるというのだから、15センチ以上長い鼻だということになる。


 ふつうの人間なら悩んでも仕方あるまいし、悩んでいるんだということを誰はばからず言うことができるかもしれない。しかし禅智内供は僧侶である。それ相応の修行をして僧侶になったわけだから、たかが鼻ごときのことで愚痴をもらすわけにもいかない。しかし、そういう禅智内供の心情を逆手にとっておもしろがっている人間がいる。一般人もそうであるし、弟子もそうだ。


 これが禅智内供ではなく、関白や帝といった、文字通り雲の上の存在ならば多分笑うこともないだろうし、おもしろがることもなかったと思う。なまじ俗世でも有名な僧侶だったからこそ、それは身近な存在になり、嘲笑の的になってしまったのだ。


 いかにも鼻を気にしているそぶりを見せることは、僧侶としての自尊心が許さなかっただろうから、禅智内供は自分の長い鼻を気にしないふりをした。本当はものすごく気にしているのである。ものすごく気にしていればきっとまたそれはそれで「あの方は僧侶の身でありながら、そのような些細なことで悩んでいる」と言われたであろう。しかしとにかく彼は気にしないふりをしていたのである。


 昔も今もあまりかわりのないようで、人間というのはどうも他人のことを気にしやすい。禅智内供もそうであるが、逆を返せば禅智内供の周囲にいる人たちも同じである。禅智内供が鼻を気にしていれば、最初は哀れむかもしれないが、そのうちやはり嘲笑することになったのではないか。かといって、本書のように鼻を気にしないふりをすれば、またそれはそれで、「あの人は無理をして気にしないようにしている」だの「本当はものすごく気にしているに違いない」という周囲の人間の勝手な推測によって笑われることになる。そんな禅智内供が、鼻を小さくする方法を試してみたのは仕方ないことだと思う。


 自尊心があるから、自分からすすんで弟子のすすめる「鼻を短くする方法」を試してみようとはしなかったが、そのあたりは弟子も心得たもので、禅智内供の自尊心を傷つけないようにこの方法に応じさせる。この鼻を短くする方法はかなり単純な書き方がされているので、原典ではどのように書かれているのかと思い読んでみると、今昔物語にはもっとこまかく描写がされている。しかもその描写が非常に細部まで観察的であるのでびっくりした。禅智内供は方法はともあれ、なんとか短い鼻を手に入れることはできたわけだ。


 もう笑うものはいないだろうと思うのも無理はないと思う。今までは鼻が尋常に長かったせいで笑われてきたのだし、自分もそれを気にしていた。しかし、人並みのふつうの鼻になったのだから、笑うものがいなくなり、自分も鼻のことを気にしないようになると思うのは普通だ。それなのに、周囲の人々は笑い続けた。それもあからさまに笑うようになった。


 なぜなのか。もう禅智内供の鼻に笑う要素はないはずなのだ。それなのに周囲の人々は笑う。笑われるから禅智内供もまた鼻を気になり出し、イライラして周りのものに当たり散らす。禅智内供の心が狭いといってしまえばそれまでなのだろうが、結局人間は他者との関わりの中で自分という存在の位置をきめるのかもしれないと思った。


 周囲の人間にしてみれば、禅智内供のような偉い僧侶の鼻が長いということがおかしかったわけであって、それを馬鹿にしていたわけだ。これがもっと身近な人間やとるに足りない人間の鼻が長かったところで、それほど興味は持つまい。興味を持ったとしても、「笑っては悪いな」とか「本人も相当気にしているのだから、こちらもなるべく気にしていない風にふるまおう」という気持ちが働くのではないだろうか。


 偉い人間が悩んでいるのが面白いのだ。だから陰で笑うのだろう。明日は我が身かもしれないけれど、とりあえず、今の自分は鼻が五六寸も長いわけではないし、禅智内供のように偉い僧侶ではないけれど、鼻が長いよりはましだ、と勝手に自分と相手の立場を比較して、なんとか自分の方が優位であるということを確かめたがっているのが、内供の鼻を笑い続ける人の心だ。そして、内供はそのような周囲の人々に翻弄されてしまう。


 禅智内供は周囲の人々の自分勝手さ、利己的さに気づいたからこそ不機嫌になり、ひいてはせっかく短くなった鼻までも恨んだのかもしれない。ただ、自分勝手さ利己的さという面では、彼もあまり周囲の人々と変わらない気がする。自分のよいと思ったものを皆が認めてくれなければ不機嫌になってしまうという行動はそれを表している。


 ある夜のこと、鼻がむくみ、どうも熱をもって感じられたとき、禅智内供が「無理にしたから、病気になったのかもしれない」と思ったのは無理もないかもしれない。しかしそれは病気になったわけではなくて、もとの長い鼻に戻る前兆だった。


 結局数日間だけの短い鼻は、もとの長い鼻に戻る。再び長くなった鼻に内供は安心し、晴れ晴れとした気分になる。そして、鼻が長くなったのだからもう笑うものはいないに違いないと安堵する。


 そこで物語は終わっているが、多分禅智内供は笑われ続けられたに違いない。短かった鼻が長くなったことで、人々はそれを気の毒だと思うかもしれないが、自業自得だとかやっぱり長過ぎる鼻は変だとか、なんやかやと再び話し始めるだろう。そして笑い続けるだろう。それを見て禅智内供は再び悩み、鼻を短くしたいと思うかもしれない。


 結局のところ、自分を取り巻く人間関係の中で、自分の存在を確固としたものとしていない人間は他人に振り回されてしまう。禅智内供がそのいい例だ。逆に自分の中に一本筋の通った信念のようなものがあれば、人間の利己的さに振り回されることもなく、自分も利己的になることはないのではないか。最後の文をじっとながめながら、そんなことがいつしか私の心の中に思い浮かんでいた。

羅生門で書く読書感想文 文例

芥川龍之介著「羅生門」の読書感想文の文例です。



羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)
羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)




羅生門、蜘蛛の糸、杜子春など、その他18の作品が収録されている短編集です。


***************************************
暗かった。時代も暗ければ、舞台も暗い。下人を取り巻くなにもかもが暗く感じた。


下人は雨がやむのを待っていた。でも、主人に暇を出されているから、雨がやんだところですることもない。しかし、下人にとってはこの雨は心の中にも降り続けていたと思う。飢え死にはしたくない。しかし……。そのあとを考えると、もう盗人になるしかないことになる。それじゃあ仕方がないと、潔く盗人になるなり、強盗になるなりするような人間なら、ある意味救われたのかなとも思う。盗人になることを即決できない下人の心のうちは、いつやむともしれない雨が上がるのを待つという動作とリンクしていた。ぐるぐると回る思考。飢え死にしたくはない、かといって盗人になる決心もつかない下人は、柱にとまる蟋蟀と同じくらい小さな存在だった。


羅生門は荒れ放題に荒れていて、門の上には捨てられた死体ばかりが転がっていた。ひとつ間違えば、下人だってそうなる可能性が大きい。きっとその時代には、名もなき死体になることの方が普通だったのだ。


下人には生きることに対する力というか執念というか、そのあたりがほとんど感じられなかった。消去法で生きることと死ぬことすら多分このときの彼にはできなかったのだと思う。このときの、盗人になりたくないという下人の気持ちが善なのか悪なのかと考えると、とたんに私の思考が止まってしまった。今度は私の思考がぐるぐると同じ場所を回っていた。


死体の髪を抜く老婆を見た時、下人に最初に起こった感情は嫌悪なのだと思う。どうしてもそういうものは許容したくないという下人の心が、老婆を問いつめるという行為に出たと思えた。決して悪に対する正義感ゆえに老婆を問いつめたわけではなかろう。


蛇を干したものを、干魚だと偽って売っていたことは、悪いことだけれども、そうしなければ生きていけないのだからしょうがない。自分もこの死んだ罪人の髪を抜いて鬘にしなければ生きていけないのだから、自分のしていることは許容されうるのだという老婆の主張は、まさに我田引水的な正義論であり、そしてとても幼稚な考えだ。悪を裁くのが正義ならばなんとなく話も分かるのだが、老婆の行為は悪の所行の上に悪の所行を重ねていっているだけのことだ。まるで悪の次に来るのは正義に決まっているから、罪人の髪を抜く行為は正義だと言っているかのような老婆に嫌悪感に似た吐き気を覚えた。


しかし……、果たして自分がその場にいたらどうなのか。多分、下人のように逡巡すると思う。罪悪をなしたくないから私は餓死を選ぶ、と声高に宣言する勇気を私は持ち合わせていない。ならば下人は私の化身なのだろうか。下人と私の差異はいったいどこにあるのだろうか。なんども私は考えた。分からないのでそこまでの部分を何度も読み返すことになった。もしかして、行くことも退くこともできないのだろうか、という考えに到ったのは、果たして何度読み返した頃だろうか。


下人は結局追い剥ぎになることを選ぶ。自分もそうしなければ生きられないのだから仕方ないと自分を正当化し、老婆の衣服を奪う。これは老婆がしたのと結局は同じ行為だ。羅生門の作者は一連の出来事になにも判断を下していない。たとえ悪事をなそうとも、それが「生きるため」という大義名分があれば正当化されるのだろうか。


いったい正しいということは何なのだろうと考えているうちに、うっすらと思い浮かんだことがある。それは善と悪が重なっているのかな、という考えだった。


下人がしたことは多分正義的なものではないだろう。しかし、下人に対して、いったい誰が「飢え死にすることを選べ」と命令できるのだろうか。飢え死にすることを選ばずに、追い剥ぎになったお前は悪者だな、と正々堂々と言えるならばまだいい。しかし私はどうしてもそう言い切れないのだ。下人に対して「飢え死にしろ」とはどうしても言えない。偽善的なことを言いたくないからという心情をくみしても、なぜ言えないのか説明がつかない。


下人の行方は、だれも知らない。ただ、そのあとにも下人と関わりを持つ人間が出てくることだろう。それはずっとずっと果てしなく続くに違いない。いつか下人が死んだとしても、やはり下人の死を踏み台にして生きていく人間が出てくるかもしれない。


下人が姿を消した時、そこは闇だった。黒洞々たる夜があるだけだった。そこにあるのは短い白髪を逆さまにして門の下を覗きこむ老婆だけだ。黒と白。それは相容れないものなのだけれど、人間がいつも重ねて持っているものなのではないのだろうか。あるときは黒になり、あるときは白になり、というように。


いや、重ねているのではなくてもしかしたらこれは一体なのかもしれない。それがあるときは黒く映り、あるときは白く映る。あるときは罪悪に映り、あるときは正義に映るというように。


そして、短い白髪だけが残された闇はたんなる夜ではないのではない気がしてきた。この黒洞々たる闇こそがこの世の中なのではないだろうか。黒洞々たる闇こそが人間をとりまく世界であり、人間のなかにうごめいている得体の知れない黒と白の正体なのではなかろうかと思い当たった。

楢山節考を読んで

楢山節考は、昔話だと「姥捨て山」といわれる話だと思う。


私は読書感想文を書くために、楢山節考を実際に読むまでは、悲惨な話だなという感じしか受けなかった。


つまり、昔は貧しくて、なるべく食い扶持をもたせるために、体が弱って仕事のできないような年寄りを山に捨てる習慣があった。それはひどい話だ。昔はひどい時代だったんだ。というような通り一辺倒の感想しか持っていなかった。


しかし、今回は読書感想文を書くにあたって、数回読み返した。


それは、短いからすぐに読めるという理由もあったが、どうしてもとらえようのない曖昧なものがあって、なんとかそれを文字にしたかったからである。


実は、最初読んだとき、この話が大嫌いだった。それが何度も読み返すうちに、なぜかこの話が大好きになっている。


これはどうしてかと冷静に考えてみると、楢山節考の本筋は「かわいそう」とか「ひどい」とは違うところにあるんじゃないかということに思いあたったからだ。


主人公のおりんの住んでる村はたしかに貧しい。


でも、これをよくよく考えてみると、昔の日本の田舎というのは、みんなこんな感じに貧しかったのではないかと思えてくる。

どんなに貧しくても、ひもじくても、それでも年に1回は7月に楢山祭りがあって、そのときはごちそうが出るから、みんなが楽しみにしてたりするところは、昔の日本という面をとらえる上で、とても現実的な気がするのだ。


つまり、これは明らかに、ハレとケの区別がついているということでもある。


現代はハレとケの区別が付きにくい生活風習になっているというが、極端に食物が足りないという、今に生きる私から見たら非常に悲惨な状態だからこそハレとケの区別がつきやすいのかもしれない。


おりんが嫌っていることの最たるものに、ねずみっこ(ひ孫)を見るということがある。それは恥だという概念というか考え方がある。


今は長生きすることはよいこととされて、ひ孫を見るということは幸福なことだという価値観の人が多いと思うし、少子化の問題を考えても、子供を産むことは奨励されることのような感がある。


しかし、楢山節考の世界ではそれは恥とされる。


また、結婚するのは30歳でも遅くないという考え方もある。


昔は今よりも平均寿命がずっと短かったわけだから、結婚する年齢もその分若くて普通のような気がするが、食料の乏しさ故に、家族がなるべく増えないような晩婚の方がよいという考え方だ。


このような考え方は楢山節考独特のものなのかとも思ったけれど、たしかフランス革命前だって、フランスの農民はみんなそうだったという話を思い出した。


ヨーロッパなどで16歳くらいで嫁ぐのは、それは政略結婚だった。


早く結婚したら、それだけはやく子供が生まれて、そうすると家族が増える分だけ食い扶持が苦しくなるから、なるべく結婚を遅らせるというのが貧しい農民たちの生き方だった。


これは、ある種、その時代その時代の美徳だと思う。


時代と場所がちがえば考え方が違うのも当たり前だ。それを考えれば、楢山節考の話が格別に悲惨だという考え方にも疑問がわいてきた。


というのも、そういう人のいう悲惨な状況、つまり食料が乏しい故に老人を山に捨てるという習慣は悲惨だとして、実際、おりんなどの登場人物ににその悲惨さがあるのかといえば、それは逆なのだ。


おりんにもおりんの家族にも、その悲惨さが必要以上にはない。


孫のけさ吉が「楢山参りは早い方がいいよ早い方がいいよ」って言うと息子の後妻のお玉さんが「遅い方がいいよ、遅い方がいいよ」ってちゃんと合いの手を入れて、みんなで笑い転げてる場面がある。


悲惨さを打ち消すために無理して笑うという行為もあるだろうけれど、どうもそうとは思われない。


それに、おりん自身に悲壮感がない。


「楢山様に参るときには、きれいな年寄りの姿で行きたいから」数多く残っている「みっともない」自分の歯を火打石や石臼で折って、何年も前から筵の準備をして、楢山参りの前の振る舞い酒も用意している。


それを彼女は誇りにしている。


こういう場面を読むと、彼女が「仕方なしに」楢山参りという習慣に屈しているとはどうしても思われないのだ。


事実、銭屋の老人又やんは、行きたくなくて、1度は縄を切って逃げ出して、2度目には背負子に芋だわらのように縛り付けられて楢山参りすることになる。


このおりんと又やんの対比は、そんな時代であってもみんながみんな同じ考えではなかったという証拠のような気がする。


価値観の多様化というのは現在のみの所産ではなくて、幅の狭さはあったかもしれないけれど、昔の日本にもあったものなのではないだろうか。


おりんは「きれいな年寄りのすがたで」楢山参りしたかった。


そういう考えというのは、まるで恋いこがれている人のところに行くみたいだと思う。


そして、自分のときには「ぜったいに雪が降る」と言うおりんには、「ぜったいにきれいな年寄りとして楢山参りをするんだ」という信念すら感じられる。


こういったことを考えながら、この作品を何度も読んでいくと、悲惨とか、惨めとか、貧しいとかいうものは、2番3番の要素であって、絶対にそれが主題ではないと思えてくるのだ。


楢山節考や姥捨て山伝説イコール昔の悲惨な出来事という公式をなりたたせてしまったら、きっとおりんは怒るのではないだろうか。


何度も読み直してみて、ただひとつだけいえるのは、おりんはきっと楢山の神様に会えたのだろうなということだけだ。

*********

「楢山節考を読んで」というオーソドックスな題以外では「ねずみっこ」という題名もなかなかよいのではないかと思います。

読書感想文の書き方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。