読書感想文の書き方やおすすめの本を紹介しています。


スポンサードリンク

老人と海 あらすじ

老人と海 ヘミングウェイ著

老人と海
老人と海


あらすじ

キューバの老漁師サンチャゴは1人で漁に出た。1匹も獲れない不漁の日が84日も続き、それまで手伝ってくれていた少年にも見放されてしまったからだ。


だが、この日、太陽が真上にきた頃、老人の仕掛けた網に獲物がかかる。網をつかんだ手応えから、それが余程の大物であることを感じとったサンチャゴは、慎重に網を引き、魚の様子をうかがう。


サンチャゴは確かな手応えを感じ、網をたぐり寄せようとするのだが、魚も負けてはいない。どんどん舟を沖へ引っ張っていく。ここから、老漁師サンチャゴと魚の死闘が始まるのだった。


日が落ち、朝が来ても状況は変わらず、魚は沖へ沖へとどこまでも舟を引っ張っていく。しかしサンチャゴもあきらめない。網をつかんで魚の様子をじっとうかがっていると、やがてその魚が姿をあらわす。


そこに姿をあらわしたのは、舟よりも2フィートも長い(長さ18フィート、重さ1500ポンドという解説あり)巨大なマカジキだった。


結局魚とサンチャゴの闘いは3日目に突入する。サンチャゴはついに魚に銛を打ち込み、銛は見事に命中したので、仕留めた獲物を舟にしっかりと縛り付けた。


しかし、サンチャゴの闘いはまだ終わっていなかった。今度は獲物を狙って姿をあらわしたとサメとの闘いが始まる。


サンチャゴはサメを相手に死闘を繰り広げるが、その闘いのうちに銛を失い、ナイフを失い……結局舟が港に着いたときには巨大なマカジキの骨が海に揺らめいているのだった。


**********************************

単純と言えば単純な話なのです。老漁師サンチャゴが漁に出て、巨大なマカジキを死闘の末につかまえ、すると今度はマカジキを狙ってよってくるサメを相手に闘いを繰り広げる。


もちろん、サンチャゴは漁師なのだからせっかくの獲物をサメに食べられてはたまらない。懸命にサメから魚を守ろうとするのだが……結局港に着いたときには巨大な魚の骨しか残っていなかった。


これだけの話なのだが、この話がなぜそんなに輝きを放っているかというと、それは最強の敵との闘いだからである。


相手が強ければ強いほどそれと闘う人間は輝く。モハメド=アリの一番輝いた試合がジョージ=フォアマンとの「キンシャサの奇跡」だと言われるのは、ジョージ=フォアマンが最強であり、モハメド=アリが最強の男と闘った試合だからである。


そうすると、闘いであるからにはそこには勝敗が生じる。はたしてサンチャゴは勝利したのか?


サンチャゴは漁に出て魚を捕まえ、それを持ち帰ることを目的に闘っていたはずだ。マカジキとの闘いでは勝ったかのようにみえたサンチャゴだが、サメとの闘いにやぶれ、マカジキは骨だけになってしまう。


これは果たして勝利といえるのかどうか。また、老漁師サンチャゴは負けたのだろうか? 負けたとすればいったい何に負けたのだろうか。


サメに負けたのだろうか、それとも「漁」そのものに負けたのか、やはり魚に勝ったとは言えないのか……


それを考えるだけで、きっと読み手は何度も逡巡するに違いない。


そして、何度も逡巡した後、読み手のあなたはサンチャゴに勝利を言い渡すのか否か。


陸に上がったサンチャゴはひれ伏し、創造主に己の存在を問いかける。


サンチャゴは果たしてどんな答えを期待していたのか。


人間と人間の闘いにおいて負けようとも、それは「人間」が勝ち「人間」が負けるだけである。


しかし、老人は「人間」と闘ったのではなかった。これは異種である「人間」と「魚」の闘いなのだ。勝つのが必ず「人間」である、人間対人間の闘いではない。


海という自然という大きな存在に対して闘いを挑んだ老人。その存在はちっぽけなものである。


しかし、その自然の向こうには「創造主」がどっしりと構えている。それが老人の世界なのだ。


そこまで逡巡しながら自分なりに読み込まないと、「老人と海」という優れた薄い本の感想を書いたとはいえないだろうし、良い点も付けられることはないと思われる。

読書感想文の書き方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。