読書感想文の書き方やおすすめの本を紹介しています。


スポンサードリンク

それから

夏目漱石 それから

それから
それから


あらすじ

長井大助は、大学卒業後、就職も結婚もせず、父親と兄からの仕送りで気ままに暮らしていた。大助は金銭のために働くことを「劣等な経験」だと馬鹿にし、自分が愛する美しいものだけに囲まれて暮らしている高等遊民である。


平岡は、大助の中学時代からの友人で、以前は兄弟のような仲だった。


平岡は大学卒業後銀行に就職し、三年前に結婚すると同時に関西に転勤してた。その後も手紙のやり取りはあったが、最近はそれも途絶えがちになっていた。


その平岡が仕事に失敗し、別の職に就くために東京に戻ってきたのである。


平岡の妻、三千代は大助と平岡の共通の友達の妹で、大助は学生時代に三千代に恋心をいだいていた。


三千代と平岡の結婚については、平岡が三千代と結婚したい旨を大助に打ち明け、大助が自分の恋心を封じ込めてふたりの仲をとりもったという経緯があった。


平岡が東京に帰ってくると、大助は三千代と再会した。


三千代は産後間もなく子供を亡くしたうえ、心臓を患い、平岡との仲も冷えきっていた。生活にも困っているようなので、大助は経済的援助をするようになる。そうやって、何度も三千代と会ううちに、大助の彼女への恋心が再燃するようになる。


一方で、大助には縁談が持ち上がっていた。相手は資産家の娘で、これまで縁談を適当にあしらってきた大助に、今回は父親は強くこの縁談をすすめるのだった。


三千代への思いを抱いたまま結婚することはできないと考えた大助は、三千代へ自分の思いを告白する。三千代はそれを受け止めた。お互いの気持ちが確認できたので、大助は平岡に三千代を自分に譲ってくれるように頼んだ。


平岡は了解したが、大助を許したわけではなかった。大助と絶交するとともに、今回のことの経緯をすべて書いた手紙を大助の父親に送ったのだ。もちろん大助の父親は激怒し、大助を勘当した。これは大助がいままで当てにしていた仕送りを受け取ることがなくなったことを意味していた。


父親と兄からの仕送りが亡くなったからには、大助は働かなければならない。仕事を求め、炎天下に飛び出した大助は、世の中が真っ赤に燃えているように感じるのだった。

読書感想文の書き方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。