読書感想文の書き方やおすすめの本を紹介しています。


スポンサードリンク

あらすじをだらだら書くことはしない

読書感想文というのは、文字通り読書をした感想を書くものです。

感想ですから、正しいとか間違っているとかいう評価はまず横においておきましょう。

あらすじというのは感想ではありません。

話がどのように展開したかというのは、極論をいうと読書感想文には関係ないことなのです。

あなたがその本を読んでどう思ったかということを書くのが読書感想文だからです。

あらすじを書きたくなる気持ちは、人に説明したくなる気持ちと似たようなものがあるかもしれませんが、ほかの人にわざわざ教えることはないのです。

読書感想文を書こうというような本を読んでいない方が悪いのです。

ですから、あなたの感想を書きましょう。

あらすじは必要のないことです。

本を読んであなたが想像したり感じたりした気持ちを文章にするのが、読書感想文です。

読みやすい字で書く

読書感想文の評価を下す人は、文字通りその読書感想文を読む人です。

本来ならば、内容だけを加味できればよいのですが、なかなかそうもいきません。(この点ワープロ原稿提出の場合はかなり救われる面があります)

読む人も人間ですから、あまりたくさんのものを読んでいるのは飽きますし、またつまらないものをいくつも読みたくないというのが人情なのです。

内容の如何は学力やテクニックによるところが多いのでなかなか急に上達することは難しいのですが、ひとつだけなんとかなるものがあります。

それは字です。

日本人の場合、字のうまい下手というのは結構問題視されるのですが、字が上手だとかヘタだとかいう以前に、よみやすい文字かどうかを念頭に置きましょう。

これは決して読みやすい=字がうまいということではありません。

字はそれほどうまくなくても、字を大きめに書く(コレ重要)、丁寧に書く、楷書で書く、これらを守るだけでかなり見栄えが違います。

読む方も字がぐちゃぐちゃしていて読みにくいものは内容がよくても第一印象がよくありません。

マスにきちっと楷書で濃い字で丁寧に書いてあるだけで、評価はぐんとあがるのです。

薄くて小さな字でぐちゃぐちゃ書いてある読書感想文ほど高得点は望みにくいのです。

汚い字とはどんな字か

きれいな字で書くことにどんな得があるのか、内容さえちゃんと書いてあればそれでいいのではないか?という疑問をお持ちの方もいると思います。


ちょっと、考えてみて下さい。


テレビ番組では、いろんな人の字が映されることがあります。


床の間に飾っておきたいようなきれいな字、みみずがのたくったような字、極端に右肩あがりな字、尻すぼまりな字、等々いろんな字を書く方達がいますね。


そんなとき「この人は字が汚いから、だらしないんだろうなあ」とか「この人、馬鹿なことばかり言っているけれど、字がきれいだから、いがいと教養のあるしっかりした人なのかも」などと思いませんか。


有名人に限らず、字のきれい汚いでその人の印象というのは簡単にきまってしまうというところがあります。


こう考えると、たかが字、されど字です。


字がきれいな人はなんとなく信用がおけますし、字が汚い人はやはりちょっと信頼度が落ちる。それが人情です。


好んで汚い字を書きたい人がいるわけもなく、みなさんできればきれいな字を書きたいと思っていると思います。


では、きれいな字を書きたい、きれいな字で丁寧に書きましょうといいますが、逆に「じゃあ汚い文字ってどんな字?」という疑問があります。


汚い字とひとことに言っても、ちょっと曖昧ですね。


そこで、きれいな整っている字というのはどんなものかということを簡単にご説明します。


まず、きれいな字というのは、形が整って中心の線に沿ってバランスよく書けている字だと思ってくれればいいと思います。


逆に、そうでない字が汚い字ということになります。


具体的には、文字の形として、左右対称がずれているとか、偏とつくりの関係がかたよっているとか、偏とつくりの間が空きすぎていたりすると、汚い字だと思われてしまうのです。


ではきれいな字を書くコツにはつぎのような注意点があります。


第一に基本中の基本として、一番大事なのは書き順を守ることです。


書き順に基づいて漢字はなりたっているので、書き順がでたらめだと、形まで崩れてしまうことになります。


小学生の頃、灰色の薄い字をなぞるようにして字の練習をする「書き方」の授業があった方も多いと思いますが、これがきれいな字を書くための第一ステップだったのです。


第二に、漢字仮名まじりの文章では、アルファベットの大文字を大きめに書き、仮名やアルファベットの小文字、アラビア数字(普通の数字のことです)を若干小さめに書くというのもポイント。


こうするだけで、格段に文章がきれいに見えるのです。


どうしても字が汚い、なんとかして直したいという方は、硬筆練習帳をやってみるのもひとつの方法です。


分厚いものではなく、ほんの薄いものでもけっこうです。


一冊終えると、ものすごくきれいな字になるとはいいませんが、かなりましな字になります。


字は読書感想文だけではなく、一生付き合っていくものです。


小論文、履歴書、その他の書類等々、パソコンが普及した現在でも手書きでないといけないものはたくさんあります。


汚い字でお悩みの方は硬筆練習帳をお試しあれ。

読書感想文の書き方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。